カテゴリ:Bosatsu~ずっと二人で~( 10 )

09/06ざわざわ

隣の部署の入社二年目の女性がニンプになっていました。
いいなぁ。
いま流行りのでき婚です。
[PR]
by karadanokoe | 2011-09-06 22:03 | Bosatsu~ずっと二人で~

08/28心を決める

成育での診察と薬局でのお薬受け取りを済ませて、
夏の旅行に出かけました。
そのときにどんな気持ちになっているか不安だったけれど、
気分転換の意味で事前に計画していました。

箱根湯元温泉の部屋で影絵のような山々を見上げながら
あの夜、私は決心しました。

チャレンジします。


だんな様のすべてを信じて、
会社での生活や収入やそれによるある種の尊厳を捨てて、
ここまで来られたことに感謝して
手術と妊娠と出産と育児に、挑戦しようと考えています。

周囲を巻き込んで、たくさんの人の力で成し遂げていきたいと考えています。
[PR]
by karadanokoe | 2009-08-31 00:02 | Bosatsu~ずっと二人で~

08/25諦めなくちゃいけないのだろうか

次の受診では先日のカテーテルの結果がわかる予定です。
その結果を踏まえて子どもを持つことについても考えることになります。

子どもがほしいのかどうか、わかりません。
自分でも自分の気持ちがよくわからないのです。

だんな様は「karadanokoeちゃんに子育ては無理」と言います。
「子どもよりkaradanokoeちゃんがいればいい」とも言います。
こんなに愛されていて、私は現状維持を望んでいるような気もします。

八月中は、休暇をとれないだんな様の勤務日程に合わせて
私も出勤してきました。
例年この時期はなんとなくのんびりした空気が流れて、職場でも
みんなが変わりばんこに休みをとったりしているのですが、
今年の私に限って言えば
とても忙しく気の休まらない仕事を抱えて過ごした日々でした。

いまはぐったり疲れて、何もしたくありません。
でも、子どもがいたら、こんな気分および体調のときにも
子どもの生活を守っていかなくちゃいけないんですよね。

育てる自信がありません。

せっかくここまで来たのに、自分のモチベーションの低さに悲しみすら覚えますが
新しい命、新しい努力、新しい生活リズム、子どもを通じての新しい人間関係を思うと
冷暗所でひっそり過ごしたくなります。

夏の疲れが気持ちに影響を及ぼしているのは確かですが、
いまは正直にいって、気持ちが復活する自信がありません。
[PR]
by karadanokoe | 2009-08-25 22:32 | Bosatsu~ずっと二人で~

04/25甥と初対面

ご無沙汰していますkaradanokoeです。
先々週の週末に、だんな様のご実家へ伺うことが決まりました。

急といえば急でした。
もともとは、ゴールデンウィークに帰るの?という出発点で、
だんな様が忙しくて休みを取れないし、連休中だと高いし
なんて相談してて、だったら26日の甥のお宮参りで合流しよう
ということになりました。
25日(土)と26(日)で往復新幹線という、私には強行軍です。

はじめて甥と会いました。二ヶ月ちょっとです。
抱かせてもらうと、ふんわりと力がなくて、こちらに頼られてるような
がんばれちゃうような甘い気持ちになります。

今まで頭で考えていたこと(母体への危険性・催奇性への恐怖・お金お金etc)
がふっとんでいきそうでした。
こどもって、あんなふうにかわいいものなんですね。

“私には母性がないんじゃないか”疑惑も霧消しそうな感覚です。

私たち二人のことはどうなるかわかりません。
子育ては私には厳しすぎるかも知れません。
実際、昨日はランチまでの待ち時間が長くて私はぐったり疲れ
(とってもわかりやすく)不機嫌になっていたので、
だんな様は
「赤ちゃんがいたら自分のご飯なんて食べられないんだよ、
あの程度で不機嫌になるkaradanokoeちゃんには無理」
と断言してくれてました。
とほほ。

ま、運命を受け入れるしかないよね。
自分自身が変わっていく可能性にわくわくしながら
のんびり構えようと思っています。
[PR]
by karadanokoe | 2009-04-27 10:32 | Bosatsu~ずっと二人で~

02/23妊娠を否定されなかったこと

23日月曜日の結果は、私にとって一つのゴールでした。
妊娠してもいいかも知れないなんて、今までには有り得ない展開です。
これにはここ二年くらいで状況が変わったという背景があります。

マスタードという方法で大血管転移の手術を受けた人たちが、世界で
いっせいに妊娠可能年齢に達しています。
そんななかで、妊娠・出産に果敢に挑戦した人がいて、事の成否とかかわりなく
経過の記録が蓄積されています。
だからこそ、私の状態を見て、こういうお話があったのだと理解しています。

だんな様の定年退職年齢やお互いの年齢、収入などを考えると
正直に言えば、もう少し早くこういう話と巡り合いたかったと
思わないわけでもありませんが、
妊娠を否定されなかったことは私にとって、何よりの努力賞です。

お話はたまわるもの。
子は授かるもの。

いまはそう考えて、これからの基盤整備に向かうつもりです。
[PR]
by karadanokoe | 2009-02-26 12:16 | Bosatsu~ずっと二人で~

04/16育児休暇明けのお局

昨夜はお局さんの送別会だったのですが、この方は昨年から産休に入っていて
会社まで遠くて通勤できないからと折衝したらしく、
家から近い部署に異動になりました。
産休→育休ときて、やっと復帰です。異動先の部署を探すのに手間取っていました。

会社所在地の地域では、何年かに一回大きなお祭があって、神社のお神輿が出ます。
お神輿を夫婦でかつぐと「授かる」という風説が、わが部署に蔓延中です。
で、実は今年もお神輿の年なので誘われています。
まあ露骨には言われないけれど、ね。
以前はその話をされるたびにムカついていたのですが、どういう心境の変化なのか
自分でも知らないうちに強くなっちゃったのか、昨日はその話を聞いても
さらっと流せました。

で。ちょうどいい機会だからさ、そういう迷信をぶち壊したいとか思っちゃってるのです。
私は神様を信じているし運命論者だし、仏様だって(神仏ともにって意味で)好きです。
だから「授かる」ことと「信心する」ってことを結びつける気持ちはなんとなくわかります。
ご自分で願ってそうなった方の喜びは素直におめでたいと思います。
でも。
けっこう迷惑なのよね、当人じゃない立場で語られるそういう迷信って。
だからいっそのことお神輿を担いで、主体的にお祭を楽しんで
「授からない」という結果をだしてみたいななんて思ってます。

だんな様の協力があってのことなので、私一人がお神輿を担いでも
風説をひっくり返すことにはならないんだけどね。
しかも…
きっと私にはお神輿担がせてもらえないだろうな~
小柄で虚弱体質だからね。
[PR]
by karadanokoe | 2008-04-16 22:00 | Bosatsu~ずっと二人で~

03/30「子供は産まないの?」

金曜日は職場の飲み会でした。
H18年度もちゃんと終われそうです、H19年度もがんばりましょうね、
メンバーチェンジもあるから、歓送迎会も兼ねています。
各自が自由にお料理をとって、おもいおもいに談笑。

そのとき言われちゃったんだよね。
「やっぱり心臓のことがあるから、子供は産まないの?」って。

この人は子持ち男性、40代前半。
仕事で関わっていたことがあるので、私の心臓の状態は知っています。
思考回路がちょっと古くて、“女性は妻になるのが一番”
“うちの妻は尽くすタイプ” “家事・育児をやるのが妻の喜びでしょ”
って感じの人。

そのときは適当に話を合わせて「お嬢さんは(二人姉妹の)二人とも可愛いでしょ」
って言ってあげたけど、さらに可愛さ自慢が始まっちゃうし…
私、よくブチ切れなかったと思います。

だんな様に申し訳ないと思うのよ。

あ、この話をだんな様に披露したら
「karadanokoeちゃんの体のこと知ってるんでしょ。
気をつかってくれてるんだよ」と受け取っていました。
そういういフォロー、けっこうありがたいです。

でもね、絶対おかしいと思うのよね。
ひどいよね。
[PR]
by karadanokoe | 2007-03-31 23:12 | Bosatsu~ずっと二人で~

10/06パニくる

おはようございます。
昨日は更新できませんでした。

あさ出勤したら、先輩男性からメールが入っていました。
「同じ部署の先輩女性が、ぶじ出産し、昨日(現時点からは一昨日)
おもちゃを持ってお見舞いに行ってきました。
つきましては、趣旨にご賛同いただける方のみで結構ですので、
男性500円・女性300円をご寄付ねがいます」

メールには画像も添付されていました。
赤ちゃんが噛んでもいい素材でできたお人形で、いろんなところを
ひっぱって遊べるものです。


夕方くらいになって気が緩んだのでしょうか、赤ちゃんということが
私の頭のなかでクローズアップされ、どんどん悲しくなってきました。
会社のトイレでこっそり泣いたのは何年ぶりでしょうか。
(しかも仕事とはなんの関係もないことだし、おいおい)
だんな様にメールして、母にメールして、だんな様には電話までしちゃって、
まわりを巻きこんでパニックを起こしていました。

さいわい、心配しただんな様が残業後に夕食もとらず帰宅してくださり、
駅前でおちあって仲良く帰宅したら、気持ちはずいぶん落ち着きました。
とりみだして電話までしてしまったことを謝ったら
優しくこたえてくださってので、本当に感謝しています。

今日(営業日ベースだと来週火曜日)から産休に入った同僚もいるし、
きっと二ヶ月以内にご出産でしょうね。
またお見舞いの品えらびで、私は泣くんだろうな。
[PR]
by karadanokoe | 2006-10-07 08:18 | Bosatsu~ずっと二人で~

09/09ハッピーバースデイ

わたしは重陽の節句うまれ。
あんまりメジャーではないお節句ですが、個人的にはとても気に入っています。

月がさえざえとかがやき、
秋の虫が静かに演奏している落ちついた夜。

来年はどこでお誕生日を迎えるんでしょうね。
どこにいても、一緒に祝ってくれるのは、だんな様です。
[PR]
by karadanokoe | 2006-09-10 12:05 | Bosatsu~ずっと二人で~

06/02ショックを超えて

新しいカテゴリを作ってみました。
菩薩っていうのは、なりたいイメージ。
いいんだかどうだかわからいけれど、私は地蔵眉です。
で、おこがましいことに、自分では仏様みたいな顔だと思うことがあるの。
ようするに丸顔で、モテ系には程遠いってことだけど。

職場に妊婦さんがいます。
私はいまのところ出産する力がないので、事あるごとに悲しんで
我が身の不幸を嘆いたりしています。
それはすぐに変わるものじゃないけれど、
ある人がその妊婦さんに言った
「女性は誰でも子供がほしいよね」っていうコメントに傷ついた今日、
そのことについて考えてみました。

彼(発言者)は子持ちで自称「九州男児っぽい」。
要するに、女は退職して子育てするのが一番の幸せって人。
たまたま自分の家にはスムーズに授かったものだから
周囲への配慮がありません。
あの発言には本当に傷ついたし、無遠慮で思慮に欠けます。

このまま子供を授からなかったら…
まだまだ時間はたっぷりあるので決め付けることじゃないけれど、
逃げずに考えられる時間も、たまにあります。

こっからはイメージなんだけど。
菩薩さんのようにゆったりしていたら、不運だって吸収できるかも。
私はいま、愛してくださるだんな様と
心臓病の子供達と関係者のために
自らの子供を諦めていくのかもしれないと思っています。
福福しく、ゆったりと長生きしたいものです。
もちろん、いつか我が子を抱きたい気持ちに変わりはないのですけれど。
[PR]
by karadanokoe | 2006-06-03 00:03 | Bosatsu~ずっと二人で~