11/05『飛蝗の農場(ばったののうじょう)』

ジェレミー・ドロンフィールド著(1,113円)

飛蝗なんて読めないよね~
だいぶ前(二週間くらいかな)に購入した分厚いミステリー、496ページ
2002年度「このミステリーがすごい」第一位
ええ、第一位だったのでジャケ買いです。

ヨークシャー(英)の荒野で農場を営む独身女性キャロルとある日あらわれた男との
ストーリー。
本筋については登場人物は限定されていて、キャロルの友人くらいしか増えません。
そしていくつもの断片的な挿話。

「忘れがたい」結末だそうです、ええそうですね。
でもな~納得はできません。
心情的にも納得いかないし、あの描写はどゆこと!?と理解できてない点もあり。
サイコスリラーという分類になるようですが(解説による)、私自身はむしろ
キャロルと男との距離感を縮める過程を描いた作品に見えました。
そうやって読むほうがロマンティックな作品だし、腑に落ちます。

サイコミステリーって…ほかにも読んでみないとわかんないけど、
あんまりスキじゃないのかも。
[PR]
by karadanokoe | 2007-11-05 13:04 | 立ちよみ時どき座りよみ
<< 11/05【ラー30】白菜辛子そば 11/05リサイクルランチ >>